院長挨拶

院長挨拶

当院のホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。
平成18年11月、認知症に特化した医療と介護を提供する「川口さくら病院」が誕生しました。
さらに平成22年4月には新病棟・認知症治療病棟(120床)を増設し、さらに利用しやすい環境設備が整いました。

当院が果たす最大の役割は、安心感を持っていただくことだと考えております。“安心”と“まごころ”という言葉を常に意識して、皆様に必要とされる療養環境をつくり、診療に介護に携わっております。

近隣医療機関の皆様にも、日頃より大変お世話になっております。自宅で生活されている患者様のみならず、直接自宅への退院が困難と判断された患者様におかれましても幅広く受け入れさせていただきますので、よろしくお願いいたします。
地方における医療崩壊が叫ばれて久しいですが、微力ながらなんとか当地に踏みとどまり今後も地域医療の貢献に努め、皆様からの信頼にお応えできるよう努力を続ける所存でございます。

院長 岡崎 恭次